空港にて。

  • 2007/10/02(火) 14:00:42

大体出張中はスケジュールをつめつめにしているので 
日本に降り立ってもすぐに、ミーティングにGO!しなければならない。

フライトの出発が(今回も)遅れ、
予定より遅れて成田空港に着き、真っ先に飛行機から降りて
早足でスーツケースを荷物受取所にとりにいく。

2つあったスーツケースがコンベアーで運ばれてくるのが見える。。。。
ひとつゲットしてもう一つ目も・・・・
と思いきや、ない!さっきまで運ばれてきていた自分のスーツケースを
この目で見たのに私の前に来る前に忽然とその姿を消したのだ!

あれ??一つ目をとっているときにみすごしたか??とおもい、
流れるコンベアーを見つめていたけど、ない。
3周目までは待ちましたよ。
それでもさすがに4週目からはおや??と思う。
疑いたくはないけど、誰かが持っていっちゃったんじゃ・・・
なんて考えていたその瞬間、
来た!スーツケース・・・でもネームタグは別人の名前。
同じ色で同じブランドのスーツケース・・・におう、におうよ。



やはりおかしいので空港勤務のお姉さんに
「スーツケースがないんですが、間違えて持っていかれたのでは?」というと
「これがもし最後に残ったら間違われて持って行かれたといういう事になりますかね・・。」という。
は??のんきだわ!それまで待っていろっていうの??
すでに人はほとんどいなくなっていたが
エグゼクティヴクラスなら一番先に荷物が出てくるから
本来だったら真っ先にかばん受け取っていけるはずなのよ。(怒)

「ずっと待ってて間違えた本人が帰っちゃったらどうするんでしょう?」
「えー・・・あー。その時は相手にご連絡を・・・。」
「タグに名前も住所も電話番号も書いてあるんだから何とかならないの??」
「今はまだ何も出来かねます。。」
機転の利かないこの子に頼んでも埒が明かないので、
近くにいた空港勤務中の男性に伝えたら
たまたまタグの名前の本人がその人の知り合いだったらしく、
いそいで探しにいってくれた。

その女性はなんと税関勤務(!)の60代後半ともおぼわしき中年女性!
プロならちゃんとタグチェックしてちょうだいなっっ!!!(怒)
しかも荷物受取所で、お姉さんが叫んでいたじゃない!
「荷物の間違いが増えています!気をつけてください〜!!」って...
しかもおたくのスーツケースに付けてある
その大きなネームタグと、緑のリボンの目印は一体何なのっ!!!
すべてにおいて意味なさすぎ・・・

ずーっとまたされた挙句、関税のながーいラインでまた待たされる。
なのに間違えたそのおばちゃん(この際敬称抜きだ!)は
荷物をロープ越しに受け取り、とっとと空港から出て行こうとする。

「あの人帰っちゃうの?」と聞くと、「はい」と空港のお姉さん。
「待ててもらってくださいな。」
アメリカ(&横浜)仕込みの「言うときゃ言うよ」根性めらめらです。
怒りモードの形相でずんずん歩いていって、
「ちょっとあなた〜っ!」てったらそのおばちゃんが
眉毛を下げて「ごめんなさい・・・」という。
「このおっちょこちょいっっ!!!」

・・・と言いたいところでしたが、そんな顔で見られたらね。。
ココはぐっとこらえて止めておきました。
でもおかげで打ち合わせはキャンセル。打ち合わせの相手には、
「飛行機が落ちなかっただけでもよかったと思ってやってください。(涙)」
と一言残し、家路につく車の中でこれを書いているわけです。

こういった理不尽なことは起こりうるんです。
でも、相手が悪い様に感じることもよくよく考えたら
自分にも反省点があることって多い。
こう出来事も大事なご縁ね...と思う。
ま、おかげで今度から間違われない様に注意することが出来ますわ。
(深呼吸....)

皆様もどうぞお気をつけて!

その1
成田空港は荷物ナンバーがあるにもかかわらず
番号もチェックせずに荷物ををもっていっても良いわけですから、
わかりやすい目安になるものを必ずつけておきましょう。
(今度はド派手なリボンでもつけておこうか!!)

その2
もちろんネームタグに番号住所を
ちゃーんと書くことも忘れずに!

その3
当たり前ですが!!荷物を受け取ったら再度確認しましょう!

その4
万が一・・・悪気なしに間違えちゃったときは
捨てられた犬のような哀れな顔で素直に謝ったほうが良いです。
よっぽどしつこかったり、悪人じゃない限り、
気持ちはわかってくれるとおもいます。

☆ Blog Ranking☆
いつも読んでくださり、ありがとうございます
おかげさまでカテゴリー内で
ランキング1位を頂いており、嬉しいです〜♪ MAHALO !!
今日は何位かな〜?? もしよろしければ、こちらを1日1クリックお願いしま〜す♪
SMILE ALWAYS☆