ウエディングケーキ

  • 2010/10/28(木) 08:22:23

「ウエディングケーキの一番上のレイヤーを1年間保存する」という
変わった風習がアメリカにはあります。

1年後のアニバーサリーに、結婚の思い出を語り合いながら
このケーキを食べるのですが、
夫婦がいつまでもHAPPYでいられますようにという
古くから伝わる縁起担ぎ的な慣わしだそうです。



私のウエディングテーマカラーはWHITE&TIFFANY BLUEでしたが、
大好きなアジサイが時期ではなかったので、海外から空輸して頂き、
ブーケやセンターピースなどのアレンジメントやケーキも
ブルーのアジサイでデコレーション。



ウエディングレセプションを行ったハレクラニホテルで、
作って下さったウエディングケーキ。
アメリカの風習に従って、上のレイヤーだけ1年間冷凍保存しましたが。。。

翌年のアニバーサリーに、ケーキを取り出したけど、
なぜか変な願掛けで、「赤ちゃんができるまで取っておこうか?」という話になり、
気づいたら長い月日が経ち・・・。

冷凍庫の中で、8年間眠っていたケーキのミイラを
今年のアニバーサリーにやっと取り出すことができました。。。



想像していたよりも原形を留めてはいましたが、
当たり前ながら食べるわけにはいかないので、ただ眺めるだけ。。。
あと数週間で対面できるベイビーを楽しみにしながら、
ジュースでささやかなお祝いをしました。

ちなみに、昨日クリニックで、ベイビーの4D画像を見てきました。
これで画像を見るのは7度目ですが、どんどん大きくなっており、
顔などはムチムチで、いまや大仏のようです。。。