BEDDING

  • 2010/11/28(日) 01:46:56

予定より出産が早まりそうだと主治医に言われていたので
その気でいたのですが、赤ちゃんはまだ外界デビューの旅支度に
時間がかかっているようです。。。

それでも、体調の方はもう秒読み段階で、
色々な体の変化が表れるのが、非常に興味深いです。
現在はサロンワークをお休みしており、
仕事はメールや電話でのやり取りのみ。
旅行も行かずにこんなに家でゆったりした事は、
この十数年を振り返ると初めてで、思いっきりENJOYしております。
自分でも驚く程良く眠れるので、ベッドで過ごす時間も断然長いです。

ところで、睡眠時間の事を考えると、
一般成人の1日の平均睡眠時間が7時間だとしたら、1週間で49時間。。。
ということは、1週間のほぼ2日間は眠っていることになります。
年間計算で96日間!はベッドの中。
こんなに眠るわけですので、睡眠環境は心地良いものにしたいです。


私も睡眠環境に色々こだわっていますが、
たとえば、ベッドはとにかくゆったりできるように、
カリフォルニアキングというサイズ。
サイドのキャノピー(天蓋)は、天井のシーリングファンの風や
クーラーの冷気が直接当たらないように調節するときに使用します。


Beddingの色はホワイトかオフホワイトが好きです。
自分が一番リラックスできるカラーが良いですよね。
暑い時期には、BELLA NOTTEのウィスパーリネンなどを使用。
ガーゼのような薄い通気性の良いマテリアルです。

BELLA NOTTEのINFOはこちらをクリック☆



ハワイでもそろそろ夜は肌寒くなっている時期なので、
現在はエジプシャンコットンや、ラビットファー、シルクなどを使用中。
とにかく肌触りが良いもの!が安眠のお約束。

長年愛用しているのは、向かって右端のシルクシーツ。
シルクもグレードによって肌触りが異なりますが、
愛用のものは28mommeのヘビーウエイトシルクです。
厚手で丈夫なので家庭で簡単にお洗濯出来るし、
ツルツルの肌触りで本当に使用感が良く、寒いときも暑いときもOK。
このオフホワイトカラーのシルクシーツは、
リピート暦が長く、同じものを何枚も用意していて、
ピロケースやコンフォートカバー、パジャマも全てこのシルクマテリアル。

シルクは人間の皮膚とほぼ同じ蛋白質でできている繊維なので、
とても肌との相性が良いのです。
化粧品の成分にもシルクプロテインが良く使用されますが、
高い保湿力や抗酸化作用も期待でき、BEAUTY SLEEPにお勧めです☆

 睡眠環境を整えて、安眠&熟睡できると、
どんなに充電切れしていても、
翌日は実にしゃっきり目覚められて、一日のスタートが快適ですよね!


・・・何となく視線を感じてふと見ると、ベッドの端っこにMEIが。
ホワイトのインテリアに同化してしまうので、たまに居るのに気づきません。。。