クマ対策

  • 2012/09/13(木) 10:59:44

ブログコメントでもご質問が多いですが、
目の下のクマが気になるという方は本当に沢山いらっしゃいます。

一般でクマと呼ばれている症状は、大きく分けると2種類のクマがあります。
Aタイプと、Bタイプに分けて説明します☆


Aタイプは色がくすむタイプ。
大体、茶褐色や紫色がかった色をしています。
目頭の下の部分が特にくすんで見えているもので、
血行不良などにより、目の下の静脈の色が目立っているケースです。

ちなみに、目の際近くの目の下全体と上まぶたのあたりまで茶色い場合は、
過去にかゆみが出た等で摩擦が生じたり、
最近ではLATIEE等の睫毛育毛剤が原因で
色素沈着しているもので、これはクマではなくて色素沈着の部類になります。


Bタイプは、眼の周りの筋肉が緩む事によって、
目の下の脂肪袋に脂肪が溜まり、
たるみが生じて脂肪袋の影が出ているケース。
Aタイプが平らなのに対し、
Bタイプは目の下がぷくっと膨らんだ感じになっています。

数ヶ月前からサロンで扱っているSESHAの薬用シリーズは、
非常に好評を頂いていますが、
このアイクリームは優れもの!
保湿するだけのアイクリームと違って、
血管強化と血行促進(Aタイプのクマに効果的)と
眼の周りの筋肉を強化&リラックス(Bタイプのクマに効果的)させる
働きがある特許成分が数種類配合されているので、
どちらのクマのタイプにもお勧め☆
また、まぶたのむくみや目元のしわにも効果的です。
一般の化粧品ストアでは購入できない強力な薬用成分を、
PETというデリバリーシステムで、経皮吸収しやすい状態にしてあります。

☆SESHAアイクリームの詳細はこちらをクリック☆



私は普段、カハラのサロンで施術をしていますが、
Bタイプでお悩みの方へのスペシャルトリートメントや、
直接症状を見て、ご本人にあったマッサージ法、
栄養面などの症状別クマ対策のアドバイスも行っておりますので、
気になっている方は、アポイントの際にお気軽にお知らせくださいませ☆








OYABUN風

  • 2012/09/01(土) 10:22:31

子供に興味がない方は結構いらっしゃるかなと思っていましたが、
皆様からのコメントで、ティーちゃんの記事のご要望が一番多い様なので、
今回もUPします☆



 ティーちゃんには、双子のように仲良しの従兄弟がいます。


歳はとても近くて、一ヶ月しか離れていません。
(ティーちゃんの方が一ヶ月お姉さんです。)

しかし・・・

レストランに行っても、
「にんじんを食べろ」だの、かなりおせっかい。


あげくにご飯を食べさせております。


一歳半にして、すでにオヤブン風を吹かせていますが、
これは今に始まったことではなく。。。


生後7ヶ月の時位からも、
すでにおせっかいは始まっていましたっけ。

従兄弟にミルクをあげて。。。


そして、シートをゆらゆら揺らしていたけれど、
7ヶ月の赤ちゃんが、6ヶ月の赤ちゃんをあやす光景は
なんとも不思議な光景でした。


先日は、従兄弟のオムツにセサミストリートの
キャラクターを発見し、失礼な事にTシャツを捲り上げて
「ELMO! BIG BIRD! COOKIE MONSTER!」とキャラの名前を連呼。
諸々やられっぱなしで、無抵抗な従兄弟・・・


「このBOSSYなカンジ、誰に似たのかなぁ。。。
・・・と、チラッと私の方を見ながらハズバンドは言います。