炭火焼

  • 2012/10/24(水) 19:34:22

最近、夕方になると自宅のパティオで過ごす時間が増えました。


ティーちゃんがパティオに設けたお砂場やすべり台を
とても気に入っていて、何時間でも遊んでいるからです。


夕方は風が気持ち良くて、とてもリラックスするので。。。


七厘をおいて、ティーちゃんが遊んでいる間に
ディナーの支度。


備長炭での炭焼きは、何を焼いても本当に美味しいです♪
赤外線が多く、煙も少ないし、中まですぐに火が通るのも嬉しいところ。


何でものせてただ焼くだけ!
この手抜きディナーにハマっており、
この頃週1回はパティオで七厘ディナーです。


今晩のディナーは、鶏肉とたっぷり野菜のリゾット。
脂肪分の少ない鶏胸肉も、とっても備長炭ならジューシー。
ゆずコショウで食べるのが最高!
近所のホールフーズマーケットには、
成長ホルモンや科学飼料を使っていない
クリーンなお肉が色々あるので、ありがたいです。





NO MORE CHICKEN !?

  • 2012/10/15(月) 00:23:22

今回もLANI&MEIをトリマーさんのところへ預けてきました。
終了したら、「終わりましたよ〜。迎えに来てください☆」と
テキストで知らせてくれて、一緒にその日に撮った写真も送ってくれます。

MEIの写真と・・・



LANIの写真。



 あら・・・!?
トリマーさんのところで撮った写真では、
いつもチキン(ビビリ)(←過去記事クリック)のLANIですが、
今回は、初ノーマルショット!!



やっとお姉さんらしくなったか〜☆と成長を喜んで、
「LANIもちゃんとした写真が撮れる様になったんですね!」
とテキストを送ったところ、
「Regular pose.(いつものポーズ)」と、ひとことテキストが戻ってきたかと思うと、
何枚かの写真が送られてきました。。。





↑ LANI〜、MEIのほうが大きく見えてるよ・・・。(汗)





↑ ヒドッ。


・・・やっぱりダメでしたか。


後で聞いたのですが、大好きなジャーキーをみせたり
おもちゃの鈴を鳴らしたりして、
LAINのノーマルショット写真を
苦労して撮ってくださったそうです。。。






毛細血管拡張症

  • 2012/10/02(火) 22:46:24

 ALOHA! 
かなり仕事が立て込んでしまった9月も、
怒涛のごとく過ぎ去っていきました。。。

またもしばらくブログご無沙汰してしまいました!
ちゃんと更新していないのに、いつもご覧下さっている沢山の方々、
誠にありがとうございます☆
コメントも感謝いたします!!

今回は、前回に引き続き、トラブルケアのご紹介です☆

 お顔の赤みが慢性的に気になる場合、
鏡でジーッといつも赤みが出る部分を見てください。
小さな毛細血管が開いてはいませんか??



このようなお肌の症状を毛細血管拡張症と言います。
赤みのレベルは人それぞれですが、上記の写真はレベル5で、
かなり症状が進行しているタイプです。
ここまで進行していなくても、
ちらほらと毛細血管が赤く見えている場合は、
悪化しないようケアが必要ですね☆

(ちなみに顔に赤みがでてもすぐ引く場合は、
毛細血管拡張はあまり見られないと思います。
また、毛細血管拡張症以外にも赤みを引き起こす症状がありますが、
今回は、この症状に特化してお話しします☆)

毛細血管拡張が特に出来やすいのは、特に頬の下辺りや、小鼻の横等です。
進行すると、胸元などに出る方もいます。
症状が出る要因は様々で、
外的(吸引機、スチーマー等でのお手入れ、スキー等の急激な気温変化など)や、
内的(内臓疾患、酒さなどの肌トラブル、ホルモンバランス、
先天的な理由など)な原因が関与しています。

いずれにしても共通して言えるのは、「血管がデリケートになっている」という事。
毛細血管がデリケートだと、毛細血管拡張意外にも、
ぶつけるとすぐ青アザになりやすい、血管腫(赤ほくろ)が増える、
静脈瘤が出来易いといった症状も出てきます。

外側からのケアで、非常に効果的なのが、ビタミンKのクリームです。



ビタミンKを肌に塗ると、小さな血栓を取り除いて、
血流を改善する効果があるため、赤みや血行不良による目の下のクマ、
青アザの改善にとても効果的です☆
ORGANIQUEオリジナルコスメの「ANTI-REDNESS&DARKCIRCLE」は、
ビタミンKなど血管ケアの成分配合で、
血管拡張による赤みや青みをケアします。

☆詳細はこちらをクリック☆


ちなみに、日本では化粧品に配合するビタミンKは、
医薬品成分の部類になります。
また、サプリメントでビタミンKを服用する場合だと、
血流を制限する血液凝固作用があるので逆効果ですよ☆

そして、内側からは栄養素でケア。

バイオフラボノイド配合のビタミンC
や、
ルチン、ぶどう種子エキスの配合されたサプリメント
もお勧めです〜☆