硬水(こうすい)!?

  • 2010/02/01(月) 00:25:35

私達が普段使用している水は、硬水と軟水に分けられます☆

カルシウムイオンとマグネシウムイオン等のミネラル含有量が多いほど、
「硬水」という事になるのですが、ミネラル含有用は数値で示されます。

身近で手に入るボトルウォーターで、軟水か硬水かを調べてみました。
水の硬さによって、喉ごしや味がずいぶん異なるのが実感できますので、
興味のある方は飲み比べてみてください☆

 軟水 ・・・ 0 - 60 → 南アルプス天然水
 中硬水・・・ 60 - 120 → 六甲のおいしい水
 硬水・・・ 120 - 180 → ハイランドスプリング
 非常な硬水・・・ 180以上 → エビアン


ちなみに、入手しやすいボトルウォーターの中で、
特に超硬水なのは、コントレックス。何と硬度1555!!
硬水のエビアン(硬度約300)に比べてもその差は歴然です。。。

ヨーロッパやアメリカの地域はほとんどが硬水で、
日本は、比較的軟水の場合が多いといわれますが、
細かく分けると、地域によって異なるそうです。

比較的軟水・・・北海道、秋田、宮城、新潟、愛知、島根
比較的硬水・・・東京、神奈川、群馬、滋賀、福岡、熊本、千葉、埼玉、沖縄


ハワイの生活水も硬水です。
それなので、日本からおいしいお米を持ってきて、
普通にハワイの生活水で炊くと、日本と同じ炊飯器で同じ水分量で炊いても、
何だか硬めに炊き上がって、味もちょっと違います。

ソープの泡立ちも違いがでます。硬水だとソープが泡立ちにくくいので、
出張の際、地域にあわせて持っていくソープなどのアメニティを変えています。

硬水と聞くと、ミネラルが多いから髪には良さそうですが、
実は、毎日硬水で洗髪していると、水中のミネラルが
髪に付着したまま残るので、髪の毛が硬めになり、
パサついてきしみやすくなったり、脱色してきたりするのです。。。

そこで、愛用しているのが「キーレートシャンプー」。
これは、髪に溜まってしまったミネラルをキレイに取ってくれる
特別なシャンプーです。
他にも、髪に残りやすいプールのカルキやヘアワックスなどの整髪料も、
しっかりディープクレンジングできる優れもの☆



このシャンプーで、ミネラルや整髪料のデポジットをきれいにすると、
髪がふんわり&さらさらの手触りになるのが実感できます♪

また、トリートメント前に使用すると浸透力もUP!
それから、ヘアカラー前に使用すると、きれいに染まります。

ただし、クレンジング効果が強い分、毎日の使用には向いていません。
硬水の地域の方は、週に1回の使用をお勧めします☆

なかなかお店で売っていなくて、手に入りにくいアイテムなので、
ORGANIQUE ONLINEで取り扱いを始めました☆
ご興味がある方は是非チェックしてみてください。

キーレートシャンプーの情報はこちらをクリック☆


これからもお勧めアイテムはORGANIQUE ONLINEに
どんどん増やしていきますので、お楽しみに〜!!